FASHION

夏のシンプルコーデに映える、注目のG-SHOCK&BABY-G。

2018年6月19日更新

この夏もシンプルなコーディネートが引き続き人気の様子。でも「どこか物足りないかも…」なんて感じることはありませんか? そんなときには、大きめサイズでコーデにスポーティーなアクセントをプラスしてくれる、G-SHOCKやBABY-Gがおすすめ。注目の90年代コーデにもハマるモデルをSoup.編集部がピックアップ!

 


レトロサーフからインスパイアされた、

タイドグラフ機能付きBABY-G。

このモデルの最大の特徴は、サーフポイントの潮汐情報が確認できるタイドグラフを採用し、干潮満潮の高さがイメージしやすいようにデジタルで表示した点。

定番のブラック・ホワイトに加えて、レトロなサーフボードをイメージしたパステルカラーのブルー・ グリーンのモデルをラインアップ。マット素材を採用し、質感も 落ち着いた印象に仕上げています。また、ブルー・グリーンのモデルにはの文字板に施された、サーフボードのシルエットも遊び心をくすぐるポイント。

夏のビーチアクティビティをファッションと機能の両面でで盛り上げます。各¥9500+tax。

90年代を彷彿させる、

ポップでビビッドなデザインのBABY-G。

90年代に流行したゲームやカセットなどをイメージした、ポップでビビッドなカラーを組み合わせたデザイン。

メンズライクデザインのBA-110をベースとしたモデルで、インデックスや時分針等のメタルパーツ素材やイエロー・ピンク・ブルー等のビビッドカラーの差し色がポイント。

プロテクター付き小型デザインが人気のBG- 169Rは、ケース・バンドにスケルトン素材を採用。

ブルーのモデルはオレンジの文字板、ピンクのモデルにはレッドの文字板を組み合わせたポップなデザインです。

ブラック・ホワイトモデルは¥15000+tax、ブルー、ピンクのモデルは¥11500+tax。

初代G-SHOCK & BABY-Gを復刻した

記念すべきイルカ・クジラモデルが発売

今年はG-SHOCKが35周年を迎えるメモリアルイヤー。それを記念して、G-SHOCK・BABY-G共に初代モデルを復刻したデザインのイルカ・クジラモデルが発売!

G-SHOCK はGW-6900をベースに、ブラックのケースにイエローのバンドを組み合わせたメンズライクなデザイン。

BABY-GはBGR-3000 をベースに、マットな質感のスケルトン素材にブルーのベゼルを組み合わせ、文字板にレッド・イエロー・グリ ーンカラーを配色した、今年らしい涼しげな仕上がり。

バンドには「アイサーチ・ジャパン」のロゴ、クジラ(G-SHOCK)・イルカ(BABY-G) のシルエットを印刷しています。また、裏蓋には「Love The Sea And The Earth」のシンボルマークを刻印。

機能面では、自然に優しい太陽光で駆動するタフソーラーを搭載しています。ブラック×イエローのG-SHOCKは¥24000+tax、ホワイトのBABY-Gは¥22000+tax。

お問い合わせ:カシオ計算機株式会社

g-shock.jp

baby-g.jp/


  • 【Soup.+instagramers】yukika イッキ見したい! Netflixおすすめ作品。

    【Soup.+instagramers】yukika イッキ見したい! Netflixおすすめ作品。

    2019年1月19日更新

    寒い日はお家でぬくぬくしながらNetflix鑑賞するのがベスト。今回は、この冬に私が一気見したオススメのNetflix作品を紹介します。気になる作品はぜひ予告編チェックしてみてください。 『レモニー・スニケットの世にも不 […]

  • 津森千里がチーフデザイナーを務めたブランドが、ラフォーレで復活!

    津森千里がチーフデザイナーを務めたブランドが、ラフォーレで復活!

    2019年1月17日更新

    現在「TSUMORI CHISATO」を手掛けるデザイナー・津森千里が、80年代にチーフデザイナーを務めた、遊び心のあるデザインが特徴的なブランド、「I.S. chisato tsumori design」が、1月30日 […]

  • 永野芽郁さんが、スキンケアブランド「フリープラス」イメージキャラクターに。

    永野芽郁さんが、スキンケアブランド「フリープラス」イメージキャラクターに。

    2019年1月17日更新

    カネボウ化粧品の敏感肌研究から生まれたブランド「フリープラス」は、肌も心も敏感なアジア女性をスキンケアを通じて応援したいとの想いから、2019年より「敏感を愛そう。」をブランドメッセージとして新しいプロモーションを展開。 […]